『MARUMIE』とは

クレーン作業の更なる安全性を求めて・・・

建設現場等でのクレーン作業による労働災害が大々的にマスコミなどに取り上げられるようになって久しい状況の中で、いかに日々の作業を安全に施工して顧客の安心度を高めていくかは、どのクレーン建設業に携わる人にとっても大きな課題であると思います。 ひとたび災害を起こすと、クレーンの能力が大きければ大きいほど周りに及ぼす影響は大きくなり、その被害の賠償や客先からの信頼喪失、社会的責任の追及など計り知れない損害が発生します。

弊社もクレーン工事業に携わる者の一社として、常に付きまとうこのリスクをどのように軽減して社員オペレーターに安全に
運行・施工させるかが大きな課題となっています。日々の教育、気を緩めずに作業に取組む姿勢を常に保つための仕掛け、定期的な機械の点検・整備など出来うることをすべてやっています。

そんな中で、オペレーターから直接見せられる視界をもっと大きく広げる方が玉掛者の合図だけよりも正しく確認ができるのではないかと言うオペレーター目線で作ったのがクレーン作業用カメラ『MARUMIE』です。従来からケーブルタイプのカメラや、映像の良くないワイヤレスカメラは有りましたが、殆どが高価なうえに使い勝手が悪く、実際のクレーン作業(特に油圧ブーム伸縮のクレーン作業)には不向きな物が多かったように思います。

『MARUMIE』は、自社で開発した映像送受信機を何年も実際に現場で使用して改良して出来上がったもので弊社ではミニクラスから65tヒマゴ作業まで使用していますが、問題なくクリアな映像を見ながらの安全なクレーン操作に役立っています。弊社の行った実験では地上揚程70m程度辺りは完璧にカバーできます。

この『MARUMIE』が各クレーン工事業者さんの安全施工のお役に立てれば幸いです。

内 容

『MARUMIE』は、無線方式バッテリー内蔵型CCDカメラ映像送信機と移動式クレーンの運転席据置型受信機、液晶カラーモニターの一式セットです。運転席内の受信機、液晶カラーモニターはいずれもDC12v電源で、DC24vからDC12vに変換用のDCコンバーターもセットの中に含まれております。

カメラ性能はCCD41万画素、バリーフォーカスf9~f12となっています。バッテリーの連続使用時間は最長で約12時間となっています。

『MARUMIE』使用時には、モニターに映し出される映像のみを信用してのクレーン操作は絶対にさけてください。
トランシーバーなどの無線機との併用をおすすめします。くれぐれも安全第一で作業を行ってください。

動画説明 (MARUMIE 最新バージョン)

《『MARUMIE』システムイメージ図》

MARUMIE 主な仕様

■カメラ部(バッテリー+送信機内蔵)

撮影素子         1/3インチSONY super HAD CCD
画像数          41万画素
解像度          700TVL
S/N比          46dB
レンズ          f=9mm ~ 22mm
画角            水平30~13° 垂直23~10°
寸法/重量         本体70×70×305mm / 約2.0kg(付属クランプ含む)



■モニター部
モニターサイズ(寸法)  9インチ液晶カラーモニター(155×230×25mm)
アスペクト比       16:9 / 4:3
電源           12V / 24V 両用
解像度          480×RGB×234
入力端子         ビデオ入力×2、音声入力×2、パックコントロール×1
その他          オート電源機能、左右・上下画面反転機能付
   

販売価格

『MARUMIE』セット価格 ¥165,000円(消費税別)

※商品についてのご質問・お問合せはコチラからどうぞ。

▲TOPへ戻る